福井県鯖江市の医療法人ポプラ歯科医院  予防を重視し、患者さんにあわせた治療を心がけています。 

医療法人ポプラ歯科医院

      食べる楽しみいつまでも、治療から予防へ
ホーム > コア(土台)

コア(土台)

コアとは、虫歯になった歯や、歯冠部を失ってしまった歯の根部の補強をする補綴物のことです。歯髄(神経)を失った歯は栄養が行き届かないため歯質は脆くなってしまいます。そこで歯の根部にコアと呼ばれる土台を入れ、補強した上でかぶせものをします。また、根の治療などによって、神経がなくなると歯髄腔(神経が通る穴)は空洞になります。そこにまた細菌などの感染が起こらないように樹脂とコアで密閉することによって、二次感染を防ぐという効果も担っています。コアには保険診療から自由診療までさまざまな種類のものがあります。



コアの種類

メタルコア(保険治療)
強度的には問題ありませんが、長期の使用による金属イオンの流出と水分による腐食(さび)があります。
歯根部の表面と内面に通じる象牙細管を入ってくる水分によって金属が少しずつ錆びてしまうのと、金属異論が染み出すことによって黒ずんでしまい、前歯などに使用すると歯肉が黒く見えてしまいます。
ゴールドコア
コア(土台)の金属を金にすることにより、体への親和性を良くし、金属イオンの流出を最小限に抑えた土台です。金は特有の性質上、金属アレルギーを起こしにくく、体に優しい金属です。
また、後述のファイバーコアに引けを取らない弾力を持ちますので、長い間使用することができます。
ファイバーコア
金属イオンの流出によって歯肉が黒ずんで見えるというデメリットを解決したのがファイバーコアです。
ファイバーコアは特有の弾性を持ち、歯根部への負担を極限まで抑えた素材です。
また、金属を使用しないので、金属イオンの流出もない上に、金属アレルギーの心配がありません。
審美的にも最もよい素材だと考えられています。

なぜコアが必要なのか。

歯と一体型ではだめなのか?
金属の一塊の量が多くなり、その分精度が悪くなる。
小さい物の1%の誤差と大きい物の1%の誤差では、大きい物の1%の誤差の方がでかい!
なぜ二段構造の方がいいのか?
無理な力がかかった時に歯が取れることによって力の分散ができる。結果、歯根が折れずに守ることができる。
一体型なら歯が折れてしまって、もう歯根が土台として使えなくなる可能性が高い。


医療法人ポプラ歯科医院
〒916-0047 福井県鯖江市柳町1-10-10
0778-52-9386

Copyright (c) POPLAR DENTAL CLINIC All Rights Reserved.